THE VOC@LOiD M@STER 7 に行ってきた

今年の 222 戦争は現場で起きてたんだよ!!!

去年の 6 月以来のボーマスですが、今回は都立産業貿易センター台東館での開催ということでちょちょいと行って帰ってくるはずが、ものすごい人混みに晒され疲弊。どうみてもキャパシティオーバーです本当にありがとうございました。

f:id:sunoho:20190206170914j:plain

以下、バーゲン会場と化したフロアを華麗なステップで回収してきた戦利品たちです。所持金が底をついてスルーしたところもあるけど、まぁ頑張った方だと思います。

f:id:sunoho:20190206170923j:plainf:id:sunoho:20190206170927j:plain

今日一番のお目当てはDIXIE FLATLINEさんの「FRAGMENTS」です。iTMS でポチりそうになる衝動を抑え、馳せ参じたといっても過言ではないです。というかそれがすべて。アゴアニキさん等との合体スペースなので混雑するだろうと思ってたのですが、やはり混んでいました。初動で行って正解!

その後はルートを決めていたわけではないので、場内の流れに合わせてPENGUINS PROJECTさんやShake Sphereさんなどを回り、軍資金がなくなったところでゲームエンド。帰宅中に気づいたけど、ラヴリー Pのとこ行き忘れてる。

今回の激戦区は文句なしでなぎみそ。SYS さんのところでしたね。スペースのある 7F から階段をつたって 6F をぐるりという状態でした。恐るべし炉リン。

そしてその上を行ってたのがPAwLaboratory さん。無料配布 CD は僕も欲しかったんだけど、どう考えても間に合うポジションにいなかったので諦めました。一般頒布物の「HMO and WORKS」も開場数秒で消えたとか。あとは地味にはるよさんのところもプチ戦場になっていました。どっちも冬コミで確保しといてよかった。

ちなみにルカ度チェックとかしてみたんですけど、本に比べて CD はまだまだ少なかったようです。次回はこのあたりのバランスも変わってくるんでしょうね。楽しみ楽しみ 180000ms。