過去と現在のおすすめ漫画を厳選して紹介するよ

「顔が見える選書」は難しいよね。

年間に数百冊も漫画を読むような漫画オタクにとっても、数冊しか読まない一般人にとっても、人気がある漫画はだいたい面白い。つまりだいたい誰が作っても似通った選書、すなわち「顔が見えない選書」が出来上がってしまうのだ。そのうえ数百冊も紹介したら被る確率も上がってどんどん顔は見えなくなって…。

――という分析をしたうえで、この話題に便乗してみようと思います。レギュレーションは以下のとおり。

  • 過去に読んだすべての漫画から、完結済みのものを 3 タイトル。
  • 一年以内に新刊が発行され、かつ未完結のものを 3 タイトル。

過去にどんな漫画を読んできて、今はどんな漫画が好きなのかを、雑音が混ざらない程度の冊数で紹介することが「顔が見える選書」になると考えました。それではどうぞ。

完結済みのおすすめ漫画 3 選

宇宙英雄物語

全 8 巻完結。僕がオタクになった原点とも言える漫画。過去のスペースオペラ作品をおちょくったようなパロディが多いけど、物語は熱く、女の子は可愛く、オタク向けスペオペとしてこれ以上の作品を僕は知らない。機械とファンタジーの融合を書かせたら伊東岳彦の右に出るひとはいないんじゃないかな。

伊東岳彦ゼーガペイン(アニメ)の原作もやっているので、あれが好きなひとにはハマるかもしれません。単行本も入手困難で、電子書籍版も存在しないのでおすすめし難いですが、うちに来れば読めます。

レヴァリアース

全 3 巻完結。ジャンプではなくガンガンで育った人間にとって夜麻みゆきは教祖みたいなところがあると思う。

ドラクエのようなファンタジーをオッツ・キィムという独特の世界観で描いた一連の作品群の最初の物語です。とにかく濃密で、とにかく優しい。経験値の乏しかった頃の僕にとって、ラストの展開は衝撃でした。マンガ図書館 Z で無料で読むこともできるので是非目を通してみてほしいです。

ちなみに主人公ウリックの物語には少しだけ続きがあるのだけど、それが描かれている「刻の大地」という作品が 15 年くらい休載状態で生殺しになっていてとてもつらいです…。

ナイトメア☆チルドレン

全 5 巻完結。藤野もやむ夜麻みゆきインスパイアの第二世代くらいの作家だと思います(適当)。

邪眼を持った子供(ナイトメアチルドレン)と親友だった少年少女たちの物語。わりと残酷な内容を可愛い絵柄でさらっと描いていて、今読み返すと背筋が寒くなります。どの作家にも言えることだけど、やはり処女作の密度の高さはすごいですね。

最近になってペンネームを桑佳あさに変えコミックキューンで執筆再開したのでこちらも楽しみです。

続刊中のおすすめ漫画 3 選

A チャンネル

6 巻続刊中。芳文社四コマ漫画にありがちな「可愛いだけのオチなしヤマなしオムニバスゆるふわ日常漫画」ではなく、四コマギャグ漫画としてきちんと成立していながら可愛いところがとても良いです。

アニメにもなりましたが、アニメではこの良さがスポイルされ凡百のゆるふわ日常アニメになってしまっていたのが残念でした。逆にアニメから漫画を手に取ったひとはギャグ要素の強さに驚くかもしれないですね。

ひとりぼっちの地球侵略

8 巻続刊中。僕がデジタルの綺麗な線よりケント紙にガラスペンで描かれたような線が好きというのがあって、そういう雰囲気を楽しめるひとにはハマると思います。SF のようなラブコメのような漫画。先輩が可愛いのはもちろん、少年が少年らしく描かれているのがとても好感が持てます。期待を煽って前のめりな姿勢で楽しむ作品ではないので、とりあえず試し読みをしてみてください

この美術部には問題がある!

4 巻続刊中。今一番おすすめのラブコメ漫画。

とにかく宇佐美さんのすれ違って空回って恥じらう姿が可愛くて、宇佐美さんの可愛さだけで一点突破しようという熱い心意気を感じます。最 THE 高。今ならニコニコ静画でたっぷり試し読みできますし、月末には最新第五巻が発売されるので是非!

あとがき

顔は見えましたか?

レヴァリアースの項でも書いたけど、ジャンプサンデーマガジンの文化で育っていないので友情・努力・勝利の漫画にあまり馴染みがなくて、可愛い・少し不思議・ファンタジーが主食みたいなところは伝わったんじゃないかと思います。

みなさんも自分の書きやすいレギュレーションを作っておすすめ漫画を紹介しましょう!