Transcendの無期限保証SDカードをRMAで交換してもらった

Raspberry Pi で使用していたmicroSDカードをフォーマットしようとしたところ、書き込み・読み込みはできるもののフォーマットだけができない状態となったため、無期限保証を利用して交換してもらいました。

フォーマットができない

フォーマットできなくなったmicroSDカードは2015年に Amazon で購入したものです。

Raspberry Pi に挿していたもののほぼ通電させておらず、数年ぶりに使おうと思い Raspberry Pi Imager にかけたところエラーになりました。あれこれ試行した結果、書き込み・読み込みはできるもののフォーマットだけができない状態でした。

念のためSDカードリーダーを変えたり、Windows だけでなく Mac でも試したり、メーカーも推奨している SD Card Formatter を使ったりしましたが、いずれもフォーマットだけができませんでした。

www.sdcard.org

無期限保証を利用する

現在販売されているメモリーカード類は有期限保証のようですが、壊れたカードには無期限保証が付いていたため、ダメ元で問い合わせをしてみました。

以下よりmicroSDカードのシリアルナンバー、不具合の詳細、試したことなどを書いて送信しました。シリアルナンバーはカード上に印刷されているのですが、めちゃくちゃ細かいので読むのがたいへんです。マクロカメラで撮影して拡大しました。

jp.transcend-info.com

問い合わせを送った翌日には返信があり、RMAリクエストを申請してSDカードを送るよう案内されました。なお、問い合わせをせずにいきなりRMA申請をしても却下されるようです。面倒くさいですがまずは問い合わせをしましょう。

rma.transcend-info.com

SDカードと必要書類を送る

下記3点をまとめてメーカーに送ります。

  • RMAリクエスト申請で出力されたページ(印刷)
  • Amazonの購入履歴から取得できる領収書(印刷)
  • 壊れたSDカード

案内にはできれば追跡可能な方法で送るよう書いてありましたが、そもそもの価格が安く、紛失したらそれはそれでどうでもいいなと思ったので普通郵便で送りました。このへんは自己責任で。

月曜日に投函し、水曜日に受領した旨を知らせるメールを受信しました。その翌日にはヤマト運輸から荷物が発送された旨を知らせるメールが届き、さらにその翌日には交換品が到着しました。RMA申請から起算してちょうど一週間で交換が完了したのはスムーズだったと思います。

交換されたmicroSDカード

なお、不具合の調査結果などの説明は一切ありませんでした。まあなんでもいいですけど。

交換品も無期限保証

交換品はすでに終売している旧モデル品でした。もともとが安いカードなので文句は言えません。

交換品の保証についてはオリジナルの購入品の保証を引き継ぐとのことで、交換品も無期限保証だそうです。これは僥倖でした。死ぬまで永遠に交換して使い続けるぞ!

初めて競馬場に行った話(NHKマイルカップ編)

競馬場に行ってきました!

NHKマイルカップの開催日でした
なんでいきなり競馬場に……と思われるかもしれませんが、時系列としては

  • 松坂桃李がCMをするより以前から競馬に興味があった
  • ウマ娘(アニメ)がおもしろかった
  • 競馬中継を見るようになった
  • 馬券を買うようになった
  • そして競馬場へ

という感じです。

傍から見れば軽率なオタクがウマ娘に影響されて聖地巡礼をしているように見えるでしょうが、僕からするとちょっとちがいます。まあどうでもいいですね。ちなみにオートレースにも興味があります。パチンコは興味ないです。

コロナ禍の入場戦

東京競馬場はコロナ対策のため入場者数を絞っており、ちょっと前までは指定席券がないと入場できませんでした。指定席券は平均10倍を超えるような抽選が長らく続いていて、もちろん僕も応募していたのですが、まあ当たらないですわな。

そんなこんなで諦めかけていたのですが、この春から規制が若干緩和され、指定ではないただの入場券が販売されるようになりました。入場券は開催前日でも普通に買える状態だったため、ようやく念願叶って競馬場に行く権利を獲得したというわけです。なお来週のオークスからはさらに規制が緩和されるようです。

www.sponichi.co.jp

入場券はオンラインでのみの販売で500円でした。コロナ前は200円だったらしいですが値上げしたんですかね。

入場券は電子チケットのみ

競馬場のここがすごい

というわけで当日。

デッッッッ

西門から入場したのですが、視界がパッと開けたときの広大さに思わずスゲーッと声が出ました。なかなか写真では伝わりにくいと思いますが、本当に広くてデカくてすごい!東京ドーム換算で94個分の広さらしいです、わからん。

写真では伝わらない広大さ

なにもかもが初めてなのでとりあえず場内を一周してみたのですが、それだけで一万歩を超える歩数になりました。競馬場健康法、ありなのでは?

最大効率で競馬漬けになれる構造

東京競馬場 場内マップ(JRA公式サイトより)

東京競馬場の場内マップを見てもらうとわかりやすいのですが、コース、スタンド(券売機)、パドックが一直線上に配置されていて、「パドックで馬を確認して券売機で馬券を買ってレースを見る」という導線がなににも邪魔されない構造になっているのがすごいと思いました。最大効率で競馬漬けになれるようできている。

無数に並ぶ券売機

スタンドには中にも外にも無数の券売機が並んでおり、そのほとんどに行列ができていたのがすごかったです。機械は富士通製で、「端末保守」という腕章を付けたひとも何人が立っていました。ごくろうさまです。

いたるところに置かれた投票カード

馬券を買うためのマークシートもあちこちに置かれていて、とにかく思い立ったらすぐに馬券が購入できる体制が徹底されていました。すごい、こわい、すごい。

充実した娯楽施設

馬券を買ってレースを楽しむのとは直接関係ない施設も充実していました。庭園があり、博物館があり、馬を称える像があり、子供が遊べる遊具があり。おかねがあるってこういうことなんだなと思いました。あと給茶機。

ウオッカ

獣臭がしない

想像していた競馬場とはちがったところその1。

獣を扱う以上は獣臭がする場所なのかと思っていましたがまったくそんなことはなく意外でした。パドックでは馬が糞尿を垂れ流しながら歩いていましたが、ここでも臭いが気になることは一切ありませんでした。

年齢層が若い

想像していた競馬場とはちがったところその2。

競馬場といえば赤ペンを耳にかけて競馬新聞を広げるおじさんというイメージがありましたが、そのようなおじさんはまったく見かけず、むしろ若者グループや赤子連れのファミリーが目に付きました。若者向けのプロモーションやオンライン化などが奏功しているっぽい雰囲気を感じました。

競馬新聞は高い

これは僕の勝手な思い込みだったのですが、競馬新聞が想像していたより高くて驚きました。200円くらいだと思っていたのですが500円もしました。入場券の500円と合わせると1,000円は勝たないと経費だけで赤字になってしまいます。

本当は競馬新聞を買ってG1以外のレースも馬券を買ってみたかったのですが、とても500円の元を取れる気がしなかったので泣く泣くあきらめました。

テレビ中継では味わえない臨場感がある

レースはテレビ中継で見るのとは比べものにならない臨場感がありました。特に人間側に。

正直、レースの全容をきちんと見たいならテレビ中継のほうが良いと思います。スタンドからはスタートなどまったく目視できず、最終コーナーをまわってからの直線くらいしか見えません。パドック人大杉でまともに見られませんでした。

人大杉パドック

それでも臨場感を感じるのはスタンドにいる人間の熱気によるものが大きいです。

最終コーナーをまわったあたりからスタンドに歓声が上がりはじめ、「いけーッ!」とか「差せ差せ差せ差せ」みたいな声が聞こえてくると、否応なくテンションが上がります。テレビでは結果を確認するだけのものだったレースに当事者意識が芽生えます。

この感覚は声優のコンサートを現地で見たときと、配信やDVDで見たときの感覚のちがいに通じるものがあるなと思いました。声優のご尊顔をしっかり見たいならDVDのほうが絶対に良いのに現地に行きたいんですよね、わかる。なぜ人々がわざわざ交通費と入場料を払ってまでして競馬場に来るのか、その理由の一端がわかったような気がしました。競馬、オタクが好きになるようにできすぎている。

本当に入場制限してるのか?と思うくらいの大観衆

NHKマイルカップ

さて、本日のメインイベントのお時間です。

競馬はまだまだ素人で全然わからんのですが、わからんなりに予想して枠連で1-1,2,3,4,6,7,8の馬券を買いました。購入額は700円、オッズは7.9-61.3倍、そこそこ夢もありつつ元本割れ対策もしっかりという配分です。

人生初の物理馬券

結果、8枠18番が一着、1枠1番が二着に入り、700円が1190円になって勝ちました。ドベ人気の5枠10番が三着に入ったのはこわかったです。最初の競馬場体験からこんなこわい思いをさせないでほしい。なに、150万馬券て。

馬券が当たったので払い戻しも体験することができました。馬券が回収されてしまうのはちょっと残念ですね。記念に持ち帰りたかった。

自動払い戻しの様子

ともあれ、これで馬券を買いはじめてから負けなしの三連勝で、回収率は150%を超えました。まあ、賭けているおかねが超少額なのでたいした利益にはなっていませんが……。

競馬はたのしい!当たるともっとたのしい!

iPhone 12を一括10円で買った話

春ですね。春といえば携帯電話が一年でもっともお得に買える季節です。というわけで iPhone 12 を買いました。10円で。

f:id:sunoho:20220309001144j:plain
10円で買ったiPhone 12

iPhone 12が一括10円で買えるからくり

iPhone12 の一括10円は特別頑張ってレアな案件を探したとかではなく、ヨドバシ公式がツイートするような至極ノーマルな案件です。

ただ、近所のヨドバシではこのような POP は掲示されておらず、同じような条件で販売していないか尋ねたところやっているということで購入できました。これからチャレンジする方は諦めずに聞いてみると良いと思います。

一括10円のからくりはいたってシンプルです。定価94,485円から誰でも無条件に72,475円が値引きされ、そこからさらにMNP契約を条件に22,000円が値引きされ、結果10円になるというものです。

表にまとめるとこんな感じ。

価格
定価
94,485円
無条件値引き
-72,475円
MNP値引き
-22,000円
合計
10円

今回はプランの縛りや強制オプションなども一切なく、本当にこれだけで購入できました。毎月の費用はピタットプラン 5G (1GB)で3,465円、加えて初月のみ契約事務手数料として3,300円がかかります。

「実質23円」と「一括10円」の差

実は iPhone 12 シリーズの安売りそのものは昨年末から継続して行われており、当初は iPhone 12 mini が「実質23円」で販売されていました。

f:id:sunoho:20220308194034j:plain
「実質23円」のPOP

これでも十分お得だったのですが、徐々に条件が良化していき、ついには価格帯がワンランク上の iPhone 12 が「一括10円」となりました。

かつては月々サポートなどによる割引を端末料金に反映させた価格を実質価格と呼んでいましたが、現在ではいつでもカエドキプログラムのような残価設定型ローンを組むことで毎月の端末支払い額を1円にし、さらに2年後に端末を返却することでその残価をチャラにすることを実質価格と呼んでいます。端的に言い換えれば「毎月1円で2年間レンタルできること」を「実質23円」と呼んでいるのです。

www.nttdocomo.co.jp

一方、一括価格とは買い切り価格のことです。「一括10円」なら購入時に10円を支払うだけで端末は完全に自分のものになるため、毎月端末代金を支払う必要もなければ、2年後に端末を返却する必要もありません。100年使ってもいいし、中古ショップに売り飛ばしても大丈夫です。

表面上は13円の差しかない「実質23円」と「一括10円」ですが、その実は数万円の差があるのです。

いつ買うか、今でしょ

春は携帯電話が一年でもっともお得に買える季節ですが、逆に言えば一年でもっとも在庫が枯渇しがちな時期でもあります。うかうかしていると在庫がなくなったり、突然安売りが終わったりします。さながら安売りのチキンレースです。

僕はここらへんが限界と考えて一括10円で手を打ちました。みなさんも後悔のないよう、この千載一遇のチャンスにお得に携帯電話を買ってみてください。携帯電話なんて何台あったっていいですからね。